FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム »
このページの記事一覧

フィアットパンダのリヤブレーキにも国産インナーキット  



パンダのリヤブレーキのインナーキットも日本製ゴムを流用した国産インナーキットです。





この車両も錆びて無かったですが、ブーツをめくったらフルードがそこまで滲んでました。

時間の問題でしたね。



これで長く安心期間が増えますよ♪

category: 未分類

tb: --   cm: 0

車検整備  

車検整備で入庫です。

少し乗っていなかった期間もありますから、ゴムパーツのひび割れなど、見落とさないように気をつけて各部点検していきます。

作業スペースが増えましたので車検整備などは特にクイック作業にて実施しやすくなりました。



category: 未分類

tb: --   cm: 0

最近更新が減っておりました。  

オートマイスターの作業場拡大が完成しました。

細かい整理や移動、作業効率の良くなる改善などなかなか時間が掛かってしまい皆さま方には多大なる迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。

確実に作業性のアップが実現しましたので、遅れた分も一気に・・・は難しいですが、じっくり確実に進めて行きますので何とぞ今後もよろしくお願いいたします♪

頑張ります♪

category: 未分類

tb: --   cm: 1

新品クラッチワイヤーの注意点  



新品のクラッチワイヤーのミッションケースに固定する金具の角度が本来とはずいぶん違うものが良く見かけます。

きちんと溝に引っ掛かって力が掛かってもずれないようになっています。



ケースの溝に合わせて角度を調整して使わなければいけないワイヤーが多いので注意です♪

category: 未分類

tb: --   cm: 0

シフトレバーぐらぐら  

シフトレバーがぐらぐらになったトラブルです。

500DFLR126共通の原因はミッションとの最後のゴムダンパージョイントが1番多い原因ですが、今回は違い、500Rタイプなので内部に心配な事もありますから室内をバラシてシフトレバーシャフトASSYを外して確認します。







やはり粉砕してなくなっておりました。



そして心配だった500Rの泣き所、ヒビが入っておりました。



これを対策しておかないと時間の問題で再度シフトレバーぐらぐらになるところです。



樹脂な126Rタイプは新品に交換するか金属製で作るかです♪



今回は金属製にて製作しました。



メインシャフトのブッシュも粉砕する500R126タイプからDFLタイプに変更しておきました。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop