FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム » 未分類 »シフトレバーぐらぐら

シフトレバーぐらぐら  

シフトレバーがぐらぐらになったトラブルです。

500DFLR126共通の原因はミッションとの最後のゴムダンパージョイントが1番多い原因ですが、今回は違い、500Rタイプなので内部に心配な事もありますから室内をバラシてシフトレバーシャフトASSYを外して確認します。







やはり粉砕してなくなっておりました。



そして心配だった500Rの泣き所、ヒビが入っておりました。



これを対策しておかないと時間の問題で再度シフトレバーぐらぐらになるところです。



樹脂な126Rタイプは新品に交換するか金属製で作るかです♪



今回は金属製にて製作しました。



メインシャフトのブッシュも粉砕する500R126タイプからDFLタイプに変更しておきました。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop