FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム » 未分類 »プラグねじ山走行中破損

プラグねじ山走行中破損  

普通に締まってたプラグが走行中に吹っ飛ぶなんて有り得ません(笑)

過去にねじ山を痛めつつ前回締めた時が残ったねじ山も潰れてギリギリ引っ掛かってる状態で走行したら圧縮の圧力でプラグが走行中に吹っ飛ぶ事は考えられますねヽ( ̄▽ ̄)ノ



本来はシリンダーヘッドを外してプラグのねじ山修理を行うのですが、酷いダメージの無いヘッドなら車上で修理も可能です。

ただし切り粉を外に排出する工夫が必要です♪



切り粉をシリンダー内部に残さない仕組みが確立出来れば比較的短時間で修復出来ます‼

今回は吹っ飛んでない側も修復して強くしておきました。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop