FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム » 未分類 »テールランプ改善

テールランプ改善  

DVC00185.jpg

現在手に入るテールランプ新品の土台。

ウィンカーは接触不良になり難いんですが、ブレーキ&テールのダブル球のところが特にマフラー側の右側が接触不良をよく起こします。

昔のユニットのほうが造りは断然良くて接触不良も起こりにくかったのですが、プラスチックのベースなのでどうしても劣化して交換時期が来ます。

DVC00186.jpg

電球を保持する部分がプラなので電球がズレて抜けてくるという事も多く発生しております。

DVC00187_20160708210825020.jpg

そこでソケットを市販の金具のものにしてしまえば、電球が抜けてくることは無いしグリス塗って電球を付けておけば、少々雨水が入ってきてもすぐには酸化して電気が通りにくくなることも避けれると思います。

DVC00188_201607082108239d4.jpg

元の頼りない金具を外します。本来当時ものパーツならバネのような素材だった金具もバネのような弾力は無いものが使われてます。これでは電球をグッと押さえつける力も無いですしね。

DVC00189_2016070821082275a.jpg

今回はウィンカー側の金具は古いユニットから取り出した弾力のある金具に交換して頼りない金具は捨てます。

DVC00190_20160708211737b8c.jpg

金具を外した穴を市販のソケットがピッタリ入るようにリューターで削り広げます。

すっぽり入ったら、元のリベット跡にほぼピッタリで穴が合うのでボルトナット止めにします。

ウィンカー側の金具やアースの金具もボルトナットに変更します。

DVC00192_20160708211734e19.jpg

これで金属ソケット型のテールランプユニットが完成です。

DVC00185.jpg

参考に自作してみてくださいね~~~♪♪
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop