FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム » 未分類 »リヤの足回りの秘密

リヤの足回りの秘密  




リヤのサスペンションは見事に素晴らしい造りになっております♪

レストアやリヤのサスペンションアームの脱着などをした際はぜひ今日の写真のようにスプリングやショック無しに品質の良いドライブシャフトスリーブと仮にドライブシャフトを嵌めて見てください♪

サスペンションアームを上下動させてみてください♪

メカに少しでも興味のある方なら感動的なはずです♪

ドライブシャフトスプラインが舐める原因は実際に見ると簡単にわかります♪

決してアームが上下動するからとか、エンジンミッションの揺れが大きいから仕方ないとか、クラッチの繋ぎ方がどうとかは一切関係ありません。

ですから組む際はドライブシャフトのピンが左右でピッタリ同じ位置に向き合うようにシムなどで調整してあげて、最後にミッションの位置がそこに来るようにだけを考えてあげると相当年数または走行距離数走ってもスプラインの舐めない足回りになります♪

感動しますよ♪

僕は初めてこれをしたときは声を出して吠えましたから\(^_^)/


ただし現在手に入るスリーブやジョイントなどのパーツの品質の悪さからここを完璧に調整しても数万キロ走ると舐めてしまう低レベルなので(もっと短期間で舐めるのは悪いパーツに加えてここが全くズレタ位置にあるのが原因です)もっと長持ちや他の自由度アップにも貢献出来るのでCVジョイント化を薦めております♪

しかし基本はこのサスペンションの素晴らしい点を理解した上で次の案を取り入れるともっと素晴らしいモノになりますからね!!(^◇^)
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop