FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム » 未分類 »R、126タイプクラッチペダル改善策

R、126タイプクラッチペダル改善策  

500L、Fまでの車両にはこのペダルは付いてませんので悪しからず。

あとアウトビアンキ製のジャルディニエラはこのペダルが付いております。ですので500Rと126とアウトビアンキ製のジャルディニエラが対象ですね。

オートマイスターではこの2年ちょっと前からこのR以降タイプのクラッチペダルが折れるトラブルがポツポツ出だしました。

DVC00025.jpg


当初は溶接にて修理していましたが、その溶接したペダルも溶接したすぐ脇が再度クラックが入って折れるトラブルが起こりました。

DVC00026.jpg


新品リプロ品があるので交換しておりましたが、当初の新車当時のペダルはかれこれ30年から40年くらい持ったところ最近折れだした。。。しかしリプロ品はどれくらい持つかは不明です。

そこで完全な解決策を・・・

DVC00027.jpg

反対のワイヤー側はこのようにキー溝形にてボルト止めなのでこの構造なら折れにくいはず。

DVC00029_201603042345309de.jpg

そこで高強度SCM材にて両端キー溝形ボルト止めにて製作。

DVC00028.jpg

これなら折れる心配からは解放されるはず。

DVC00030_201603042345287da.jpg

そしてR、126タイプのワイヤーの抜け止めはクリップ型でしたが、穴を開けて割りピンで留めれるようにも。

少量生産・・・もとい、手作業で(笑)作ってますので、ボチボチっです♪
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop