FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム » 未分類 »R、126型クラッチペダル

R、126型クラッチペダル  









クラッチペダルが少し奥に行ってる気がする…と、大阪まで名古屋から来ていただきました。

ワイヤーが切れかけてるかと抜いてチェックしても全く綺麗なまま♪

ミッション側は近い近年にメンテナンスしている車両だったので、残るはペダル側?

見た目にはほぼなんともない状態。前に調整したクラッチミートがやや床に近い所から確かにもっと床に近くなっている!!しかし僅か1㎝違うか違わないかのレベル?

何ともないように見えたクラッチペダルの上にある戻り位置のストッパーの長年当たっていた傷の場所に現状当たってなく、少し左側の綺麗な場所にストッパーが居る!!

これは間違いなくペダルは歪んでいる!!


ペダルASSYを外して…クラッチペダルを外しても正常に見えなくもない?


新品と比べて見るとやはり歪んでいる♪



実は私自身が去年にクラッチペダルが家の近所を走行中にクラッチペダル折れる経験をしておりました。

最初に一報聞いた段階でクラッチペダル側が頭にありました。


今回は折れる最初の段階で気が付いた♪オーナーのお手本みたいな方ですね!!

素晴らしい♪


万力で掴んで数回グリグリ手で捻る力を加えるとポロンと折れました…!!


折れた断面を見ると…

とっくの昔に半分くらいはヒビが入っていて半分くらいでずっと乗っていたんですね!!("⌒∇⌒")

いよいよ残りも耐えきれなくなって捻れ出して気が付いた…そんなストーリーですね♪


路上ストップせずに治せて良かったです~♪

R、126型のペダルASSYをお使いの方は覗きこんでストッパーがキチンとずっと同じ位置に戻って傷が1箇所にあるか?手でペダルをカタカタ動かして確認してみてください~

ペダルがタイヤハウス側に傾いていたら危ういかもですよ~(×_×)
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop