FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム »2016年11月
2016年11月の記事一覧

カチカチパッキンは交換  

乗っていないとゴム類はカチカチになります。

まだオイル漏れがなくてもしばらく乗ってないなら余計交換しておきましょう♪



距離は乗ってなくても、タペットクリアランスもキチンとチェック♪



キャブのミクスチャースクリューのOリングもひび割れる可能性あります。



じっとしていた車両はミッションマウントゴムもヘタリが来ます。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

2016 Coppa del Lavoro Italiano ありがとうございました‼  

一日中雨のなか、たくさんの参加車、見学者、来てくださりありがとうございました‼

事故もなく、無事終了ありがとうございます‼

皆さんのおかげでスムースに競技進行出来て、たくさん走れました\(^o^)/





寒かったですが、熱い雨の走りで湯気が出てました!?



本当にありがとうございました‼

また、次回一緒に走りましょう♪楽しみましょう♪

category: 未分類

tb: --   cm: 0

車検整備  

車検整備で入庫の車両です。



4年数ヶ月前に車検受けしましたが、その後走行距離700km程で乗れない環境になられ車検切れのまま現在に。



磨耗はありませんが、ボディカバーに覆われて屋根なし保管でしたから、ゴム類はしっかりチェックが必要ですね。



エンジンオイル、ミッションオイル、ブレーキフルード、ブーツ類、エンジン基本メンテナンス辺りは必要です♪

ブレーキのインナーキットはすでに国産インナーキットになってますので、そんな境遇でもなんら問題ないです!!フルードの入れ替えでイケますね\(^o^)/



category: 未分類

tb: --   cm: 0

ジャンニーニ590GTコルサR  

こちらも珍しいジャンニーニです。
長年触ってないとの事で見てみると・・・




ブレーキはやはり錆び錆びで限界寸前でした。





マスターもホイールシリンダーも全て完璧にやり直します♪

category: 未分類

tb: --   cm: 0

シュタイアープフ650TR  

2016年11月14日21時50分51秒

日本では非常に珍しい空冷2気筒が入庫しました。

2016年11月13日20時24分51秒

オーストリア製の水平対向2気筒エンジン。新車当時でも650ccで約50馬力ほど出ていたという通常の500の3倍近いパワー!!

2016年11月15日18時26分28秒

完調まではまだ少し掛かりそうですが、今後イベントなどでお目に掛かれる機会が少しづつ増えるといいな~って思います。

なお、ボディそっくり500ですが、実はリヤ周りを中心にかなりのパーツが専用設計です。

ミッションもエンジンもリヤのサスもブレーキもすべて全く違うものがもともと装着されてます。

とってもユニークです♪

2016年11月16日20時53分01秒

category: 未分類

tb: --   cm: 0

紅葉狩り  



高雄パークウェイ♪

素晴らしい紅葉狩り日和になりました!

category: 未分類

tb: --   cm: 0

12月4日は京都チンク会ですよ~\(^o^)/  



毎年恒例になっている高雄パークウェイの小倉山展望台向かいのスペースにて京都チンク会を開催しますので~~\(^o^)/

山の上なので寒いですから、モコモコでお越しください(笑)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

次の日曜日は高雄パークウェイへ  



フィアットアルファロメオ京都さん主催のチャオオータムに参加致します。

現地でお会い出来る皆様よろしくお願い致します♪

category: 未分類

tb: --   cm: 0

定期点検  



各地のラリーやイベントに参加したりと活躍中の車両です♪

先日は東北のイベントに参加されてたようです♪



各部緩みがないかのチェックから基本メンテナンス、グリスアップなど一通りやります♪



エンジン、ミッション、サスペンション、ブレーキと仕上げさせて頂いてから丁寧に綺麗に乗ってくださってます♪

今回の課題も完了しました\(^o^)/

category: 未分類

tb: --   cm: 0

プラグねじ山走行中破損  

普通に締まってたプラグが走行中に吹っ飛ぶなんて有り得ません(笑)

過去にねじ山を痛めつつ前回締めた時が残ったねじ山も潰れてギリギリ引っ掛かってる状態で走行したら圧縮の圧力でプラグが走行中に吹っ飛ぶ事は考えられますねヽ( ̄▽ ̄)ノ



本来はシリンダーヘッドを外してプラグのねじ山修理を行うのですが、酷いダメージの無いヘッドなら車上で修理も可能です。

ただし切り粉を外に排出する工夫が必要です♪



切り粉をシリンダー内部に残さない仕組みが確立出来れば比較的短時間で修復出来ます‼

今回は吹っ飛んでない側も修復して強くしておきました。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop