FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム »2016年06月
2016年06月の記事一覧

車検整備  



車検整備の500です♪

2年間で走行距離は僅か…もったいないです。(ノД`)もっと乗ってあげてくださいませ♪

また、ミッションオイルがこんな風に漏れると言うことは…ブーツ破れてますがな~!
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

次のエンジンの主要パーツ  



次のスペシャルエンジン738ccの主要パーツがようやく揃いました♪

というのは主要なパーツは揃っていましたが、それらを繋ぐメタル類のベストマッチなものが時間掛かりました~

寸法的にピッタリと思っても、結構アバウトに造られてるパーツ達…

軸に対する芯の振れは通常問題ないレベルでも、スペシャルなエンジンを組む場合はさらにそう言う箇所の精度を求めます♪
え?求めません?ヽ(・∀・)ノ

求めます♪\(^_^)/

そこで色んな意味で良いエンジンになります♪

ケースに仮で組んでスルスルスムーズに回ります♪

当たり前ですが、クリアランス広すぎずちょうど良いところと言うのは実は非常に難しいパーツ構成なエンジンなんですね~!

シンプル過ぎるんです(笑)

まぁようやくピッタリ納得~~!

category: 未分類

tb: --   cm: 0

強化エンジンマウントスプリング  


強化エンジンマウントスプリング(110型)はオートマイスターで最初に自主製作したオリジナルパーツです。

DVC00179.jpg


輸入品で強化型というものが売られてたのですが、硬すぎてどうにもこうにも調整出来ない。。。というものだったので試作品2個を経てノーマルの500ccから650ライトチューン、5L以上の大容量のオイルパン装着車やほかに重量物を付けてるエンジン以外はほぼいい具合に装着出来るように製作しました。

その後ネット通販のような形や直接などでもうすでに30個以上は各地へ飛んで使っていただいてると思います。

Made in Japan なので 製品安定性も信頼できると思います。

コルサ号にももちろん使用しております。

R、126型も強化型、製作して在庫ストックしております。

DVC00180.jpg

写真の左は110型ノーマルスプリングです。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

クランクシャフトメタルのクリアランス  



クランクシャフトメタルのクリアランスは実は絶妙です♪
割りメタルでない前後スリーブ状のメタルで新品メタルの寸法が厳密には1個1個バラバラなんですね~

そこで10数個メタルを揃えて…クランクシャフトそれぞれにベストクリアランスになる、そして芯の完全なメタルが見つかるまで妥協はしません。

新品一つで組むなんて…とても出来る品質ではありませんからヽ(・∀・)ノ

これをしっかりやることで壊れにくく、滑らかスムーズによく回る、オイルの長持ちする、トータルで良いエンジンになる為の要の部分ですもんね~\(^_^)/

category: 未分類

tb: --   cm: 0

超ビッグバルブヘッド完成  

DVC00149_2016062320082996f.jpg

7mmステム、インテーク36mmエキゾースト30mm ステムオイルシール装着(レース用ならシールなしでも可)

DVC00150_2016062320082773f.jpg

DVC00151_2016062320082665c.jpg

DVC00152_2016062320082582b.jpg

この大きなバルブでさえノーマルのIN32mm、EX28mmのバルブより軽いんです!!

category: 未分類

tb: --   cm: 0

右ハンドル配線改良その他  



配線の引き直しですが、右ハンドルなのでいくつか長さや変更点があります。

ワイパーアームのパーツも左ハンドル用を工夫して使えるようにしないといけません。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

FIAT600系前期のブレーキシュー国産張り替え  

DVC00277.jpg

時間がかかりましたが、国産ライニングの張り替え、ブレーキシューが完成しました。

大昔の柔らかく良い素材ではもうありませんが、それに代わる単なるノンアスではない素材です。

しかし徐々にその良い材料も無くなりつつあります。

いずれ、国産のノンアスライニングのみになる日は近いですね。それでも輸入品ライニングよりはいい素材です♪それは間違いありません♪

category: 未分類

tb: --   cm: 0

アルファロメオブレーキメンテナンス  


アルファロメオのブレーキメンテナンスとクラッチスレーブシリンダーの交換です。

かなりやりつくした空冷2気筒500とは違ってアルファロメオジュリア系は全然知らないレベルです。もちろん普通に修理や車検等は特に問題ありませんが、ハイチューニングなアルファロメオは初めての車両でハイカム、ローダウン、マフラーくらいの違いの車両しか体には経験値がありませんでした。

しかしここまで違うか!!ってくらいハイチューニングなアルファロメオを今回かなり、触らせて運転して5速6500rpmまでテストさせて頂きました。いろいろ違いが体験出来て良い勉強になりました♪

車両も良い方向に行ったと思います♪

各部細かい煮詰めはまだまだじっくりやっていけば良いでしょう♪やりたいことがいろいろ見えてきます♪

専門の500とは全然違う車ですが、私は何でも扱う民間の工場出身なんで、本音は特に抵抗はありません。基本は同じ自動車です。本当の機械の仕組みさえ知っていれば、全て同じです♪見た目の形状が違うだけですから~\(^_^)/

いろいろ教えて下さる先輩方が居てくださるので本当に感謝致します!!ありがとうございます*\(^o^)/*

category: 未分類

tb: --   cm: 0

次のエンジンの中身その2  

DVC00034.jpg

クランクシャフトもノーマルではありませんね~♪

シリンダーもかなり大きいです♪

もちろんオイルクーラーも必要です。

お楽しみに~~♪

category: 未分類

tb: --   cm: 0

タペットカバーのパッキン  

DVC00318.jpg

タペットカバーのパッキンは毎回、新品に交換しましょう。

必ずオイル漏れの原因になりますから~~^^

category: 未分類

tb: --   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop