FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム »2016年03月
2016年03月の記事一覧

マフラー入荷  


久しぶりにANSAタイプ(メーカー不明)の1本出しマフラーが入荷しました~!
R126型用です♪

スチールです。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

ねじ山修理完了  



エンジンオイルのドレンプラグのねじ山が舐めてしまったと言う件で無事に修理完了しました!


当初はネジの径の大きさからエンジンを降ろしたり分解したりしないで車上での修理は完全なものは難しいと判断して、ドレンプラグのサイズを小さく変更して修理する提案をしておりました。

しかしここは意地でも元のサイズで完全な修理をしたいのが本心♪


市販の工具をそれ用に改造して工夫もしつつ元のサイズにて無事に修理出来ました!!

せっかく専用工具を作りましたが次に使うことは有るのでしょうか(笑)

4回修理しないと元は取れませんが、自己満足でニンマリです(^◇^)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

バルブの当たり幅  



バルブの当たり幅はこんな感じです~~(^◇^)

くすんだグレーのワッカです♪

べた当たりはコンプレッション低下もするし、異物噛んで、トラブルの原因になります。

レース用ならもう少し細い当たり幅に、写真ではストリート用耐久仕様です!

category: 未分類

tb: --   cm: 0

チャオ!  



4月10日は丹波ワインで開催されるイベント"チャオ!"に行きます♪

以前から日程が合わず今回初めての参加になりますが当日お会い出来ましたらよろしくお願いします!

楽しみです~\(^_^)/

category: 未分類

tb: --   cm: 0

シリンダーヘッド交換  

DVC00252.jpg

エキマニのねじ山の修正を試みましたが、思いのほかヘッドのアルミ自体に強度低下がみられ・・・相談の結果、シリンダーヘッドを新品+NEWビッグバルブ加工の組み合わせで交換+セッティングすることになりました。

DVC00253_20160329134630258.jpg

過去の使用状況次第ではヘッドに熱が入り過ぎる例も多く(特に126ノーマル650エンジンやボアだけアップさせた110の650エンジンなど)アルミがもろく変性してしまってるものも多いです。

DVC00255_20160329134628005.jpg

DVC00257.jpg

650ccでバランスの良いエンジン(普通の状態)にするには500ccの時と同じバルブサイズではどうしても無理が生じます。

これで良いバランスに近づきます!!

category: 未分類

tb: --   cm: 0

フロントサスペンション適正化  




フロントを輸入品ローダウンスプリングに変えてあると、アライメントがいまいち決まらない…とか、どうしてもタイヤの偏磨耗がするとか、実際に走ると路面のギャップを拾うと妙にステアリングが取られるような感覚があって怖く感じるとか。

全て解決する策はもちろんあります♪

今回もその改良作業をキチンと過去のデータより最善の方法で行います。

しっかり走れる足回りは基本ですからね~(^◇^)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

2016 Coppa del Lavoro Italiano オープン戦  ありがとうございました!  

DVC00187.jpg

ラヴォイタオープン戦 無事に終了!!皆さまありがとうございました!!

DVC00188.jpg

総勢61台も集まりました~~♪

DVC00189.jpg

あちこちでたくさんの笑顔、笑い声♪ タイムアップへの秘策(笑)、ほんとうにワイワイ楽しそうでよかった♪


タイムが伸びずに悔しい顔もこれもまたイイ思い出の一つ♪

次にどうしようか?ああしようか?   

大人の運動会!!

秋は本家クラシック(年代縛り有)の大人の運動会でお会いしましょうね!!

参加者の方々や見学の方々のブログなどたくさんアップしていただいております。詳しくはこちらからどうぞ。

あ~~個人的には自己ベスト出ずに悔しいのです~~~~笑

category: 未分類

tb: --   cm: 0

シリンダーヘッド点検依頼  




シリンダーヘッドの状態を診断して~~と言うご依頼を頂戴しました。

山形から信頼くださりましてありがとうございます!
目と手と鼻(笑)で診断して報告致します♪

category: 未分類

tb: --   cm: 0

心配していたボディは大丈夫です  

DVC00166.jpg

長らくお待たせしました。神奈川県のS様。

心配していらっしゃったボディの状態は大丈夫!と判断できます。

フロア周辺などの修復は継ぎ接ぎがメインになっていますが、そこからの新たな錆びも目立つことはなく、しっかり溶接されています。

少し歪んだままで溶接されてる箇所もありますが、強度が出ていればしっかりと楽しめるボディになります!

少し重くはなってる印象ですが、まぁそれは全体で安定した挙動になる車両ということでプラスに考えましょう。

進めていきます~~!!

category: 未分類

tb: --   cm: 0

キャブセッティング  





エンジンやキャブ変更など大きく仕様を変えたらキャブセッティングもキチンと変更しないとイケません。

プラグの焼けで…とか、運転したフィーリング…なんてのは~~(^◇^)

まぁ~人間の感覚は他の色んな要素に惑わされるものです♪

燃調は超正確なセンサーによりキャブセッティング致します♪超正確なセンサーがあってもどこをどう変えたら理想に近づくかは…これはやって来た経験値がモノを言います♪

それでもすんなりは理想になりませんが、キャブ車だから…仕方ないではなく、キャブ車とは思えないくらいベストに近いセッティングまで頑張ります\(^_^)/

空冷2気筒で8000回転近くまで空吹かしじゃなくて実際に駆動させて回るエンジン。

本来それが発揮可能なエンジンですから♪

category: 未分類

tb: --   cm: 2

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop