FIAT 500 % (オートマイスター) ホーム »エンジン
カテゴリー「エンジン」の記事一覧

バラバラ事件  


クーリングファンがバラバラ事件です…

ここ数年の中で私が組み直したエンジンにて唯一、去年に組んだ1台だけクーリングファンをご本人持ち込みパーツを使って組んだのがありました。

輸入品溶接無しのカシメのみのファンをそのまま使用しておりました。

使用から約7ヶ月…

確かに普通に街乗り使用ではなく…ややハードに高回転まで回して走る事の多い車両ではありました。

しかし7ヶ月しか持ちませんでしたね…


緊急修理にて溶接済み大容量クーリングファンを使いました。

やはり貫いてクーリングファンは溶接済みを使わないといけませんね("⌒∇⌒")
スポンサーサイト

category: エンジン

tb: --   cm: 0

エンジン廻りの基本メンテナンス  



エンジン廻りの基本メンテナンス…の筈が…


プラグ、エアーフィルター、ブローバイホース、ガソリンホース、ガソリンフィルター、キャブレターリフレッシュ、ディストリビューターリフレッシュ、ポイント、ディストリビューターキャップ、ディストリビューターローター、コンデンサー、ファンベルト、タペット調整、タペットカバーパッキン、エンジンオイル…

以上すべて必要です…

まぁ~基本中の基本(笑)

ですが…全部だな("⌒∇⌒")

まだまだやりたくなる感はありますが…

最低限これくらいはやっておかないとね♪

category: エンジン

tb: --   cm: 0

フライホイール面研磨  




機械加工での面研磨がテカテカになったフライホイールには必要です♪

削るのはテカテカになった面だけでなく、同じ研磨量をクラッチカバーの取り付け面も削ります♪

クラッチカバースプリングも扱いやすい軽めのクラッチを厳選しております♪

category: エンジン

tb: --   cm: 0

アクセルリターンスプリング穴補修  



エンジンファンカバー上のアクセルレバーに付いてるリターンスプリングを引っ掛けるフックの穴の補修です。

振動でバネで擦れて薄い鉄板のフックの穴が削れて行きます~

溶接にて広がった穴を埋めて補修して行きます♪

必要最小限で溶接して見た目わからないようにします~!

category: エンジン

tb: --   cm: 0

オイルシール交換  



クランクシャフトオイルシールのタイミングチェーン側の交換です。

これは裏からですのでタイミングチェーンカバー脱着を要します。

ここを開けたらついでに出来る事が幾つかあります。
オイルフィルターの清掃、タイミングチェーンの点検、オイルポンプ廻りの点検など…他にもあります♪

そこだけ交換するんではなくて、他にも見ていきましょう♪

category: エンジン

tb: --   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

▲ Pagetop